FC2ブログ
自由な世界です。自由に来て自由に見て自由に喋って下さい。基本、管理人も自由です。唯一、18禁だけはダメですよ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故…何故なの…何故なのよーーーーー!!
ようやく繋がった!!

…え?何の話か?
ええ…何故か此処何日も、少ないパソコン時間に更新しようと試みたのですが、パスワードが違うと管理ページに飛べずに居たのです。
恐らくは文字形式が違ったのでしょうが…どうにも其の変化が起こっているのか、そもそも元は何の形式でパスワード設定したのかが分からなくなりまして…本当にダメ人間です。

さてさて、ようやくアクセス出来ましたし、今日は(本当に)久し振りに小説更新致します。
ファンタジー冒険小説(多分)リィンフォーサー第二部の第二話ですね。
例の如く前回迄のも掲載しておきますので、また宜しければ見てやって下さいまし…

リィンフォーサー第一部・第一話

リィンフォーサー第一部・第二話

リィンフォーサー第一部・第三話

リィンフォーサー第一部・第四話

リィンフォーサー第一部・第五話(最終話)

リィンフォーサー第二部・第一話

リィンフォーサー第二部・第二話

今回もバトルシーンは在りません。
しかも、話が暗いです。
次回で話は相変わらず暗く重い侭ですが、バトルが挿入されますのでお待ち下さい。

…と、此処で友人から頂きました(聞いたのが随分前の話で申し訳無いのですが)質問に答えようと思います。
友人曰く、リィンフォーサーの主旨は何なのか?との事。
成る程。
此れについては、勿論在ります。
先ず「異能」を持つ主人公が、様々な喪失や苦境を経験していく話なのですが、人と変わった所を持つ人間でも、他の人達と変わらず頑張っていると言う事を別世界で表現したかったですね。
そんな大層な理由を表現出来ているかは分かりませんが…
そして、其れは両面で見て欲しいですね。
(人とこんな所が違うって悩んでいる人と、人とあんな所が違うって敵対する人とと言う両面)
ま…実際はもっと気楽に読んでもらって一向に構わないのですが、一応質問に答えるとこんなです。

さて…では今日は此処まで。
今日、此のパソコンでの管理ページ突入を保存したので次からは直ぐに入れる筈…
最近更新が滞り過ぎですからね…頑張ろう…
ではでは~



メモ

只管→ひたすら
迄→まで
スポンサーサイト

裏の裏の裏の裏道を進んでおります
先ずは最新制作物について。
自作小説「リィンフォーサー」の第二部が始動しました。
前回の続きでジャンルはファンタジーアドベンチャーぽい感じですが、世界地図は今の私達の世界地図と同じなのが前提で話が進んでますし、ほとんどの人間は武器を振り回して戦うだけですので、中途半端にファンタジーに成り切れていない状態です。
前回、「余りにも主人公が可愛そう過ぎる」、「此処まで無理に残酷ぽくしなくても」等の御意見を身近な人間より頂きましたが、此の第二部を進めるに当たって必要な事象だったのです。
御了承下さいませ…
では↓から宜しければどうぞ(第一部も部分修正して載せておきます)。
リィンフォーサー設定・改

リィンフォーサー第一部・第一話

リィンフォーサー第一部・第二話

リィンフォーサー第一部・第三話

リィンフォーサー第一部・第四話

リィンフォーサー第一部・第五話(最終話)

リィンフォーサー第二部・第一話

因みに設定は第一部のネタバレも含まれておりますので要注意下さい。

さて、此処で頂きました有り難い御意見をもう一つ。
「キャラの名前や性格等に元ネタは在るのか」との事…

在りますよ、最近のは。

以前はノリで適当に思いついたのを其の侭充てていたりしておりましたが、リィンフォーサー、鏡、ギョッとしてバットは一応考えて作られたキャラ達です。
良い機会ですし、幾つか元ネタバラしをしましょう。

・リィンフォーサーのキャラ

主人公エスタ→名前のエスタは「尊敬される」という意味の英語「Estimable」からで、姓のリーガンは「威厳ある、王者の様な」という意味の此れまた英語「Regal]からです。
其々少しづついじってあります。

断罪官レアード→名前のレアードはメサイヤのゲーム、ラングリッサーに出て来るレアードからです。
エリートで容姿端麗な男という設定がかなり近かったので。
そして姓のブルネーゼはフランス語で資本家階級を指す「Bourgeois」から。
ブルジョワというヤツで、此れもエリートなイメージから来てます。

狂人エイブラハム→名前のエイブラハムは旧約聖書でイスラエルの民の祖を云われる最初の帰依者アブラハムからです。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教で広く尊敬される人物で、やや大袈裟と言うか元が偉大過ぎますが、エイブラハムのかつての英雄振りを示す名前です。
姓のノキスは有害という意味の英語「Noxious」からです。
此方は壊れた後を示してます。

他は省略しておきます。

・鏡のキャラ

主人公七鈴→エリスが以前、ちくちくと制作していたRPGツクールの登場キャラ「ナナベル・アロキー」から。
ゲームはデータエラーから未完成の侭に消滅してしまいましたが、其の中では人を食った様な性格の上司と無能な部下の間でマジメに頑張る敵軍の魔術師団の副師団長でした。
お気に入りのキャラなので、何処かで生かそうと思っていた所に似た様な境遇のキャラが!!
ナナベル→ナナ・ベル→七・ベル→七・鈴→七鈴(なすず)
アロキー→アロ・キー→ア・キ→阿木
結果、阿木七鈴と相成りました。

上司引宮→上記のナナベルの人を食った様な性格の上司、ビッキー・ロウから。
普段は意味不明でバカなキャラを演じているも、いざと言う時には万全の準備と完璧な作戦で敵を殲滅する将軍という設定でした。
元は悪人ではなく、最後は主人公側に付いてくれる好人物だったのですが…ごく微妙に設定が近いのと、七鈴の上司と言う事で悪役に成ってしまいました。
ビッキー→ビキ→ヒキ→引(+ふと思い付いた宮を付けて引宮。しっくり来たから)
ロウ→和訳、法律・法令→正しい、清いイメージ→聖→聖子…?普通過ぎる…悪人だし聖は…→適当に別の漢字を当てよう→星呼!!
結果、引宮星呼と相成りました。

他のキャラは省略します。キリがない。

・ギョッとしてバットのキャラ

基本的に名で種族を表す様に、且つ読み方は案外普通っぽくをモットーに付けた名前達です。
因みに主人公の「人前ではカッコつけ」と言う病的性格は、私の弟の性格を悪い方向に誇張したモノです。
バレたら殺されます。

…大体こんな感じですね。
キッチリ考えてあるリィンフォーサーのキャラ達に比べて、鏡のキャラはかなり無理な設定ですね。
七鈴は元のナナベル(うちのネコも同じ名前です。お気に入りキャラの名前を色々と生かしたかったんです)の姓は姓、名は名で変換しているのに、引宮は姓と名が入れ替わって変換していたりしますしね…
単純に「ビッキー」を名前にし難く、「ロウ」を名前にし難かったというのも在ったのですが、そもそもエリスの脳内で作成され、日の目を浴びない侭に消滅したキャラを無理に使う意味もそう無いですし…

ええと…兎に角!!
エリスの脳内はこんなですよーという事でした!!

ではでは~

最終章…多分
ついに完結!自作小説「リィンフォーサー」!
もしお読み下さって、続きが読みたい!という奇特な方がいらっしゃいましたら、何らかで教えて下さい。
頑張って書きますので…
では本編ラスト↓、よろしければ御覧下さいませ…
リィンフォーサー最終章

今日は此処まで。
朝一で大学の補講に行き、夜仕事なので死にそうなのですよ…
ではでは~

四章!
さてさて完成させました自作小説「リィンフォーサー」第四章!
かなり内容が残酷で、可哀想でしかありませんので其れだけ注意です。
では、此方↓よりご覧下さいませ…
リィンフォーサー4
主人公の出番少な!
次で終わりの予定ですが…何と言いますか、全体的な話としては終わらず、此れからも話は続きますよー的な終わり方にしようと思っています。
で、もしもリク等が有ったら続きをまた書こうかなと。

ふう…昨日は仕事、忙しく無かったです。
今日が、めっさ忙しい日でした。
行きたくないなあ…
弟は今日休みなので自転車で行かなきゃいけないし…
其れでは今日も死んで参ります。
ではでは~

三章!
リィンフォーサー3
↑完成しました自作小説「リィンフォーサー」第三章!
ちょっと短いかもしれませんが、中身は濃いです(多分)。
そろそろ話がのんびり出来なく成り始めました。
次は…絵にしたら確実にR指定が付きそうな内容に成るでしょう…
まあ、今回も絵にしたらマズい部分がちょっとありますけどね。

しかし、最近絵を全然アップしていませんね。
基本的に、(出来は兎も角)すっごく時間を掛けないと絵を描けない人なので、時間が無い今は無理なんですよ…
どうにか時間が欲しいなあ…
さて、そしてもう時間が無くなってしまったので、今日は此処まで。
感想、お待ちしております!
ではでは~
Copyright © エリスの心中世界. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。