FC2ブログ
自由な世界です。自由に来て自由に見て自由に喋って下さい。基本、管理人も自由です。唯一、18禁だけはダメですよ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきます
明日から、泊りがけの旅行に行ってきます(前にも書きましたね)。
行き先は変更無しで奈良の葛城。
二日かけて回りに回りますよ!

天気予報、雨

ああもう!
私はいっつも呪われてるんじゃないかってくらいタイミング悪いんですよ。
で、宿に着いたり、帰って来た時に雨は止みます。
絶対止みます!
所謂マーフィーの法則ですよ!
今まで何度マーフィーにしてやられてきたことか・・・
と、いうわけで雨の中、山を歩いてきます。
写真を撮るつもりは勿論有りますので、其の内アップするでしょう。
其れでは準備しなきゃいけないので失礼します。
また明々後日にお会いしましょう・・・
スポンサーサイト

スペカ調査二個目
スペカの意味をただ並べただけの手抜き企画二個目です。
今度は魔理沙。
けっこう簡単な言葉ばっかりなので調べるのは楽でした。
白黒蒐集家スペカ一覧
イベリアの調査もやっていますよ、ええ。
進んでいるかは兎も角・・・
ちょーっと穴に嵌ったというか何というか・・・
すいません、私の純粋な力不足です・・・
最近時間が結構取れてきたのに何も変わっていないのも流石にまずいわけで、はよ続き書けとメールを送って下さった方々には本当に申し訳無く思っています。
なんとか頑張りますんで見捨てないでお待ちください。
では今日はこの辺りで・・・

四作目
自作小説四作目「普通」、いきなり前触れも無く完成!
「普通」ということは何を基準に「普通」なのか?
短いのでサクっと読めます。
即興で30分程で作ったので内容薄いかもしれませんが・・・

20070829050032.txt

思いついたが吉とばかりに生きている私なのでもう一気に書いちゃいました。
個人的に、「普通」、「常識」っていう言葉が嫌いなんですよ。
どっちも所詮は個人個人が自分の価値観で見ているだけのものですからね。
さんざん其れを押し付けられて生きてきましたから。
そんなことをぼやーっと考えていましたら、「あっ」と閃きまして。
今回は嫌な気分の時に書いたので最後もハッピーに終わっていません。
基本、気分で最後を決めるもので・・・
ではそろそろ日が昇ってきたのでいいかげん寝ます。

あるバイトの話
私は某レンタルショップでバイトしております。
CDの事なら売り場のほとんどの配置等を記憶しているのでお任せ!
DVDも分からない訳じゃない!
もう今年で4年目か・・・よく頑張ったもので。
が、しかし・・・
CDに強い人間が少なすぎるのはどうだろう?
夜、閉店後は溜まった商品を売り場に戻す作業があるんですが、CD返すのは毎回毎回私一人。
対してDVD等映像系は二、三人。
理由↓

CD難しいから

揃いも揃って此れ!
いやいや難しくないよ!
ジャンルなんかDVDより圧倒的に少ないし!
なのに何でなのでしょう?
私もね、別に自分が出来るならいいんですが、もう大学4回生なんですよ。
今年で消える身なんですよ。
もし、跡継ぎが居ないままに私が去ったらあの可愛いCD達はどうなるの!?
音楽無しじゃ生きていけない私には、CD達は可愛い可愛い我が子の様な物にまで成っており、此の侭では育児放棄に(成らないよってツッコミ上等)!
本気で心配。
バイト辞めれるかな(何時かは辞めるのですが)・・・
ていうかうちの店スタッフ少な過ぎるしな・・・
夜平均三人(閉店後は二人の時も)とか本気で有り得ないですよ・・・

さて、恐怖のキャンペーン日三連続三連勤に備えて仕事まで寝よう・・・

スペカ考察プロジェクト始動
ずっと空っぽだった東方関連(考察)のカテゴリですが、本日ようやく中身が入ります。
いろいろ調べるのに時間がかかったり、他の作業もあって随分進行が遅れてしまって・・・
主にスペカの意味を書いてみようというのが主旨。
一部通常弾も混じっていますが、符名は勝手に考えたものです。
好きなキャラからいこうと思いましたが、入れ替わり激しいのでややこしくなると思い、主人公から順番ということにしました。

記念すべき第一回は博麗霊夢。私的には好きではない御方ですが、主人公なのでね。

腋巫女スペカ一覧

あくまで私的考察ですので、此処違うと思っても気にしないで下さい。

第十一回狂気のポケモン状況
各作業大幅に遅れています・・・
友人とのコラボ小説、自作小説4作目、名前から見るクロニクル、イベリアの世界・・・本当にすみません。
とりあえずすぐに出来るものから消化することにしました。

ではいきましょう、第十一回狂気のポケモン状況!
今回もロマンより。前回五匹しか書いてなかった失態は忘れて下さい。

一匹目、レイヨン(サンダース)

金髪のローランです。
連載中のロマンより名前を抜粋(最近変えた)。
金色ですのでね。

二匹目、フランボウ(ブースター)

赤髪のローランです。こちらも連載中のロマンより名前を抜粋、最近変わった一匹です。
レイヨンの金に対して赤のイーブイ系。
イヴェール、ビオレット、オルタンスとロマン同士ということでイーブイ系で揃えてみました。

三匹目、クリストフ(シャワーズ)

賢者ですね。
噴水の周りで会話をしていたので水系で。
で、ここからが考察入った理由です。
私は黄昏の賢者の最後に、クリストフが何者かに狙われていた点から、狙っていた側が赤髪のローランの息子で、クリストフはローランサンだと見ています。
名前も檻の中の花によるとクリストフ・ジャン・ジャック・サン・ローランとのことなので、サン・ローラン=ローランサンと見てもおかしくはないはずです。
其処から赤髪のブースターに強い、水のシャワーズというわけで。

さて四匹目、ジュリアン(リーフィア)

赤髪のローランの息子です。
名前は適当に付けました(意味も特にない)
これは後にクリストフを襲うので、彼に強い草のリーフィアのしました。
イーブイシリーズを関連あるところで使い切りたかったというのもありまして、これしかないと。

五匹目、イヴェール(ガラガラ)

呪われし宝石を掘り出したイヴェールです。
穴を掘り続けた彼はやはり地面タイプしかないかと。
で、ディグダだとしょぼすぎるかと思いまして、ガラガラにしてみました。

六匹目、ノエル(ロゼリア)

可愛い妹です。
檻の中の花の作者がノエル・マールブランシェだったので、其処から花だけを採用してこれに。
深い意味がないだけに可哀想な彼女の人生をあらわせたかも?

・・・とこんな感じで今日は終わり。
理由の深さにムラがありますがお気になさらず♪
では、また・・・

神様侮るべからず
今日は作業が進んでいないので風神録について。
さあ、8回目のイージー挑戦です!
・・・はい、イージーですよ。
しかも8回目ですよ。
イージーにしちゃ回数かけ過ぎで、プレイ回数としては少なすぎるという中途半端な数字。

いろいろありましてね。

さて、で、八回目のチャレンジですが、見事に神様にやられました。
前回と何等変わらず、進歩無し!

いろいろありましてね!

やっぱり河童や天狗戦で見とれ過ぎて無駄死にしたのが間違いだった様で・・・
ケロちゃんに会えるのはいつなのでしょう・・・(情報だけはちゃっかり持っていたりする)
さあ、今日も夜勤後にプレイしよう!
・・・と言っていたら母に寝ないと殺すと言われたので明日の昼に暇があったら(休憩がてらともいう)やることにします・・・

様々なる困惑の今日
・・・いろいろと今日は私にとって厄日なのです(現在進行形)。
ええと、まず、ロマンの見えざる腕に出てくる金髪のローランと赤髪のローラン、ウルトラジャンプで連載中のアレで今回出てきましたが、私はですね、金髪のローラン=星屑の革紐の父=オウギュスト・ローラン(彫刻家)だと思っていたのです。

以下私の脳内↓

「あ、やっと見えざる腕だ!わくわく!」

「ええと・・・おお!アルヴァレス将軍が!カッコいいなあ・・・」

「お、Wローランが!レイヨンにフランボウか・・・名前変えなきゃな・・・(ポケモンの)」

「確か赤髪はルースフラム(燃える赤髪を仏蘭西語にしたもの)、これをフランボウに・・・結構近かったかも?やっぱりフランは付いたし?」

「ええと、で、金髪がレ・・・」

思考停止中・・・

「あ・・・」

「オウギュスト違う!」

「・・・はい、一匹追加ー。」

・・・とまあこんな感じに。
やはりオウギュストと金髪を同一化は無理がありましたか・・・
母親が子供と引き換えに亡くなった辺りで同一化しておりましたが、私はまだまだ甘かった・・・

さて、これもヘコんだ原因の一つな訳ですが、さらにショッキングな事が・・・

朝八時、夜勤で疲れていた私は爆睡中。
突如母親が私を叩き起しに来た・・・
内容
「大学の先生から電話!」
・・・
えええ!?
一体何が・・・出る私。
先生「レポート出してないでしょう?」
私「え?ああ・・・あの・・・って出しましたよ!?」
先生「出ていませんよ。」
私「えええ!?確かに締め切り前に先生の研究室のドアに貼ったはず・・・」
先生「無いです。」

・・・うそーん

結局、その後わざわざ事務室からも同じ内容で電話がかかってくる始末。
これは本格的にまずい。
ただでさえギリギリな単位数、落としたら即死決定。
明日の朝までに出せばいいと恩賞を受けるも、集中講義のど真ん中にど根性で作ったレポート。
集中講義が終わり、夏休み突入に浮かれて全てが吹き飛んだ脳内。

・・・何一つ内容を覚えちゃいないよ


バックアップも先週データ整理をした時に消してしまったし、また一から作り直し・・・



どういう風に書くレポートだっけ?

プリントもとっくに処分した今、情報は無きに等しいこの状況・・・

・・・無理だ!

・・・絶対無理ですって!

・・・

・・・

・・・でもどうにかしなきゃいけない!

結果は明日報告ということで・・・作業も当然後回し・・・

・・・死にたいよ。

帰ってきました
二泊三日で友人宅に行っておりましたが、帰ってまいりました。
・・・二日更新してないんですよね。
いろいろデータは貰えましたし、花映塚、すい夢想の対戦も出来ましたし、あー・・・楽しかった・・・

就活しなくちゃならんというのに私は・・・

まあ、それは置いておきまして(をい)、人物名から見るクロニクル、イベリアを早く完成させなくてはなりません。
ええ・・・大幅に遅れておりますとも。
あとは小説4作目と、友人の一人とのコラボ小説も作らなくては・・・
風神録は加奈子さんの最後の攻撃で殺されました。
確実に妖々夢より簡単なハズなのに・・・

えーと、あとは・・・

・・・こんなところでしょうかね、各報告は!
さて、明日からはどうにか作業を進めていきます。
乞う御期待(するものあったっけ)!

第十回狂気のポケモン状況
調子悪いのに四連勤という死にそうな日々・・・
誰か癒しを下さい・・・

・・・そろそろ始めますか!
はい、第十回狂気のポケモン状況!
・・・もう十回目なんですね。
別に記念で・・・ってのがあるわけでもありませんが。

では今回からロマンとメイデンです。
後半のメイデンはローゼンメイデンのことなんですが、イベリア参入につき、もうすぐ入れ替わる予定ですので、ロマンだけ書いていこうと思っております。

では早速一匹目、イベール(グレイシア)

イヴェール=冬なので、やはりここは氷しかないと。
そして、この後ぞろぞろと出てくるイーブイシリーズとの関係でこれに決定!
かなり強いし良いかなーと。

次、二匹目、ビオレット(ブラッキー)
と三匹目、オルタンス(エーフィ)

菫ちゃんと紫陽花ちゃんです。
要するに双子の人形。
朝と夜を象徴しているこの二人はやはりこのコンビしかないでしょう。
しっかり朝の日差しと月の光を覚えさせています。

そして四匹目、ムーラン(ソルロック)
と、五匹目、ベルソー(ルナトーン)

何のことだか分からないと思います。
これ、太陽の風車(風車は仏蘭西語でムーラン)と、月の揺り篭(揺り篭は仏蘭西語でヴェルソー)なんです。
人物ではありませんが、足りない人数を補う為に無理矢理参加させました。
ちょうど完璧なまでに適役がいたのもありまして。

今日はここまでにしておきます。
次回はローランとローランとローランサンが出てくる予定。
勿論このままだと訳が分からなくなるので名前はバラバラですが。
私的な見解も入っているので、どうかと思う方もいらっしゃるでしょうが、当然私は強行突破致しますのでよろしくお願い致します。
では・・・ちょっと明日明後日で泊まりに行くので更新が止まりますが(はい、またです)、また其の内お逢いしましょう。

自業自得
最近夜でも暑すぎて、パンツ一枚で寝ていたからか、頭が痛くなってきてしまいました・・・
ここのところまた寝ていないのも原因かな・・・
ということで、しばらく各調査や製作が遅れる可能性が大です。
なもので・・・早速寝ます。
ゆっくり寝ます。
しっかり寝ます。
でも風神録は早くやりたい・・・
・・・
やっぱり寝ます。
落ち着かないと多分ノーマルでも死ぬでしょうから・・・

エルとアビス
昨日予告した人物についての調査結果を報告の前に、事前準備として、エリュシオンの私的考察を書くことにします。
ま、今更なのでね、各地で既出のネタもあるかとは思いますが、其の辺りはスルーの方向でお願いします。
曲名の端折りも同じく・・・

まず話の流れ

エルの天秤でアビスは娘の誕生日の為にプレゼントを用意し、かつ薬を購入すべく、伯爵の依頼を受けて使用人を殺害するも、ロレーヌの敵討ちに逢い、刺される。



エルの楽園sideEで白い雪の降る道を流血しながらアビスは、かろうじて掴めたコイン一つを手に娘の待つボロ家まで這いずりながら辿り着く。
が、死亡。
娘、エルは父の死を認知出来ないまま一人で会話し続け、やがて死亡。



エルの肖像にて、ある少年(のちのアビスを継ぐ者)が廃屋となった家で少女(エル)の肖像画を発見、恋に落ちる。
やがて彼は少女の姿を追い求め、発見する。



エルの楽園sideAにて、少女は死後、楽園と奈落の表裏一体世界において、呼ばれるのを待つ。
やがて、誰かの呼ぶ声(次のアビスとなる者の声)と、誰かの泣く声(前のアビスだった者の声)を聞き、本当は其の先の結末(悲しい結末)を知りながらも、泣く声を気のせいとし、呼ぶ声のほうへ行く(エルが転生する)。
以下、繰り返し。
楽園と奈落は同一であり、いつかはもう半面が見える。
こうして楽園と奈落は繰り返す。

補足

エルの絵本はアビスが、自分と似た者(結局自分も其れになるのだが)と、娘に似た者(というよりエルは転生を繰り返し、アビスを奈落面に突き落とし続けているので本人なのだが)が描かれた絵本を誕生日のプレゼントに選んだのでしょう。
何故絵本なのかはエルの楽園sideEを聴けば一発で分かります。

で、アビス面。

奈落へと堕ちたアビス。
死後も娘を追い求め、奈落を彷徨う。
途中、同じく楽園から奈落へと堕ちた少女達を見かける。
箱舟を信じた少女
歪んだ真珠の乙女
収穫を誤った娘
妹を犠牲にされた姉
星屑に踊らされた女
の五名。
アビスは娘、エルを求めてそれらしいのを全て笛の音で導く。
新たなる笛吹き男の誕生。
追い求め、追い続け、しかし彼は永久に彷徨い、連れられた女達も永久に彷徨い続ける。
ただ、犯した罪の贖罪の為に・・・

・・・と、私はエリュシオンの世界を捉えています。
永久に繰り返される悲劇は朝と夜と関連があるのか?あるでしょうね。
エルが黒幕と考えているので、有名なエリュシオンの隠しトラックの問いかけ、「その真実の名は」楽園と奈落の表裏一体世界に住み、人をその狭間で弄ぶ、楽園エルと奈落アビスを其の名に刻んだ存在、エリスと思っています。

人物名から見るクロニクル、イベリアをより理解しやすくする為にこの下準備はあります。
どういうことかは次回で確認してください。

地名的に見た聖戦
聖戦のイベリア・・・もう各地で話題ですね。
ファンとして嬉しいことです。
さて、今日は地名についての調査報告をしようかと思います。

主にクロニクルとイベリアで

アヴァロン:ウェールズ地方の言葉で「リンゴ」を示す「affalon」から転じた言葉らしく、りんごの島=理想郷ということらしいです。
アーサー王伝説に出てくる言葉なので、イギリスの何処かがそうだという可能性大。
ブリタニアがイギリスなので、一致しますね。

ブリタニア:イギリスのこと。

カスティリヤ:ポルトガル、スペイン辺り。

ロンバルド:イタリアですね。

プロイツェン:ドイツですね。

ベルガ:ペルーかと。

イベリア:カスティリヤのある辺りの半島名。現在もそのままなので分かりやすい。

ケルト・イベロス:ケルトはイギリスの地方名。イベロスはイベリアの変形?

カルタゴ:古代にアフリカの北岸、現在のチュニジア辺りにあった大都市の名

イスパニア・ローマ:イスパニアはスペイン。ローマはイギリスの首都。これはかなり有名な地名。

ヴァンダル:東ゲルマンの民族(ヴァンダル族)が元カルタゴの地域に作った国。

ヴィシゴート:フランス南部からイベリア半島辺りにあった西ゴート王国のこと。

ウマヤード:スペイン辺りにあったイスラムの国

アラゴン=カタルーニャ:アラゴンはイベリア半島にあった国名。カタルーニャはその王族の家名。

カスティリヤ=レオン:レオンは王族の家名。

グラナダ:イベリア半島南部、アンダルシア地方にある都市名。

こうして見ると、クロニクル時代はヨーロッパ(ガリア)全土を巻き込んでの戦いですが、聖戦のイベリアではその名の通りにイベリア半島とそのごく周辺のみの戦いを表しているようです。
イベリアの三曲目でぞろぞろ出てきた名前はイベリア半島辺りを征服していた国名ばかりで、出てくる順番通りに国が変わっていったようです。
ということは、現実の世界により近づいているということでしょうか?
今度は人物名を洗ってみようと思います。
また調査が終了次第、アップしますね。
では今日はここまで。


ようやく完成!
散々時間をかけまして、ようやく小説三作目完成・・・
かなりスランプに陥っておりましたが、修正に修正を重ねたので内容は今までで一番作りこまれているかと思います。20070816040114.txt

不幸な男が奇跡を手に入れた。果たして彼の行く先は?
多分これだけでは何のことやら全く分からないでしょう。
さらに、中身を見たら微妙に違うと思われるかもしれません(問題)
とりあえず見てやってください。ちと長いですが。

またもすみません
またリンク先の紹介文保存してませんでした。

さしみ(刺身)様の御世界、まぐれ当たり

数々のSRCシナリオを製作されている御方の世界で、私はここのシナリオ全てに手を出しています。
どれも愉快ながら難しいものは非常に難しく、やり込み度は高いです。
また、リプレイや絵まで扱っているという恐るべき世界です。
http://www.izumo-net.ne.jp/~yatutusa/

さしみ(刺身)様・・・本当に遅れて申し訳ございません・・・ノロマな私に御慈悲を・・・

第九回狂気のポケモン状況
ちょっと忘れてました。第九回、狂気のポケモン状況です。
未だパール続けてますよ。
今回もタナロスエリス。残り都合上七匹なので、一気に残り全部発表しちゃうことにします。

一匹目、ミシェル(ヤミラミ)

殺戮の舞台女優で、呪われた宝石さんです。
宝石っていうのを一番に持ってくると、こうなったわけです。
女優らしさはありませんが、影に潜んで奇襲をかける辺りは、13人の少年を攫った誘拐犯としては丁度いいかと思いまして。

では二匹目、アルマン(カバルドン)

獄中で壊れてしまったあの人。
庭に穴を掘って・・・という行から、地面属性ときまして、あとは余り物からそれっぽいのを。
砂をドバドバと溢れさせている姿が、私には狂っているように見えたので。

さて三匹目、ジョセフ(ウソッキー)

ミシェルの実父、ジョセフ・マールブランシェです。
登場したら既に故人だったので、何一つ情報がありません。
なので、余り物から(またか)。
この「檻の中の花」の世界自体が、作られた嘘の話だと私は思っているので、こうなったらせめて関連付けねばと思い、決定しました。

次行きましょう四匹目、アニス(テッポウオ)

誰か?恋人を撃ち落とした日の主人公です。
この名前は私が付けたんじゃないですよ?
以前にアブラカタブラって雑誌で読みきり連載で恋人を撃ち落とした日が書かれてまして(竹下けんじろう先生画)、その中で出た名前です。
撃ち落とすってことでやはり射撃から離れられず、弓ぽいのはいないので、テッポウオで。

そして次の五匹目はジェイムス(グライガー)

撃ち落とされたお方です。
アニスと同じく連載時に出た名前です。
魔物ってことと、撃ち落とされるってことで、飛んでる悪魔というイメージを抱いたのでこれで。

さて六匹目、タナトス(ダークライ)

やっちゃった感たっぷりの一品です。
まずタナトスというもの自体、別の何かと同一ぽいのに、単品出ししまして。
イメージ的にはダークライで良いとは思うんですが、やはり早まっちゃったという気持ちが・・・ま、いいか・・・

で、ラスト七匹目、ロスト(ミュウツー)

流してください。以上(!?)
だって全てにおいて適当なんですもん。

こんなところですね・・・次はロマンに入るわけですが、多分一番まともな選択しています。
適当に余り物からってのがありませんからね。
時に、紹介してきた連中は、全て50レベルで(進化に必要なレベルや、最初から超えているものは最低限で)止めてあります。
なんとなく区切りがいいもんで・・・
さてと、また他の世界を回りつつ、寝るとします。では。

非常に申し訳御座いません
大変な事態に今、気づきました。
この世界が出現した直後から来ていただいている一番のVIPである
こなち様の世界の紹介が保存されておりませんでした(本日、カテゴリの調整、記事の整理をしていて気付く)!
こなち様すみません!本当にごめんなさい!

今此処で改めて紹介させていただきます!

パレードと猫

管理人、こなち様のブログで、SHを中心に書かれています。
毎回絵が掲載されているという、私にとっては最も見習わなければいけない存在です。
是非一度訪れてみてください。

http://konathi.exblog.jp/

・・・私は本当にダメだ。

業務連絡
最近18禁だけはダメだというのにみょんなトラックバックばっかり追加されております。
しかも危なそうなのばかり・・・
別に18禁が嫌いなわけではないので、飛んだ先で何が起こっていようが別に構わないんですが、せっかくこの僻地に来ていただいた貴重な VIP様方に危険な罠をしかけるのは勘弁していただきたい・・・
なので、そういう危なげなものは見つけ次第削除します。
これからも自由かつ清潔に!エリスの心中世界はあり続けます。

これからの私
やっと集中講義が終わりました!
これでやっといろいろ出来るというもの!万歳夏休み!

・・・就活しなきゃなあ

正直、今悩んでるんですよ。
一時の気の迷いで今の大学行っちゃったんですが、本来一番興味あったことを忘れてたんです。
今は心理や福祉や環境を学んでいる訳なんですが、一番好きなことは何と言っても民俗学!
遺跡や寺院、伝説神話・・・散々調べてばかりいた私は何処に行っていたのか・・・というより、
何で今頃帰ってきたのかこの情熱
どうせなら永劫に出かけていてくれればこんなに悩まなかったものを・・・
と、卒業を控えた今更になってこんなことを言ってます。
実際どうなんでしょう?
就職しなくては親に殺されること必須なのですが、帰ってきた過去の情熱も諦めきれない訳で。
親は確実に今のまま卒業し、その系統の仕事に就けばいいと言うでしょう(というより既に言われてるかな・・・)。
が、その他の知り合いは、自分のやりたいことをやってみろと言ってくれるんですよね・・・
本心から言えば、民俗学を学びたいです。
しかし、我が家が慢性的な貧困に喘いでおり、長男の私が職に就くのをめっさ期待されてるので、心苦しく、言い出せないで居るのが現状。
いい加減決断しなきゃいけないのは分かってはいるのですが・・・

本気悩みな今日この頃

イチオシ
いろいろな東方関連の世界を巡り巡っている日々。
そんな中でも、「ホルテンの卵」という世界がありまして、私的にオススメです。
絵が可愛らしくて、東方の4コマ(これがまた面白い)もたくさんあります。
最近だと、とても涼しげなにとりの絵がお気に入りです。
一度見てみる価値がありありの世界ですよ。

リンクはホルテン様からのご返事があり次第、追加します。
自由がモットーの私ですが、モラルは守りますからね。

追記:ホルテン様より許可をいただきましたので、リンクに追加してあります。是非一度行ってみてください。とても和みます。

http://homepage1.nifty.com/horten/

来週ですね
来週、風神録発売ですね。
私は交通費も足も無いので友人委託です。
四面以降の新キャラは誰なのか・・・気になって仕方がない。
最初、風神録というタイトルを見て絶対にブン屋が出ると思ったのですが、いないと。
うーん・・・四面?
もしくは別の天狗とか?
いろいろ妄想しております。
そうそう、最近ですね、技術も環境も時間もないというのに、東方の新作を勝手に脳内で作成、プレイしていました(末期症状)。
当然新キャラ(全て妄想の産物)ばかり出てくる訳で、スペル(全て妄想の産物)も揃っていると・・・
エキストラまで考えちゃって(かなり危ない我が脳内)・・・
全て無意味でしかありませんがね
早いところこのバグった脳内をキレイに掃除して、気持ちよく風神録をプレイしたいものです。
ようやく来週から本当の夏休み、いろいろ動かなければ・・・

イベリア聴いていて
プロモも見て、大体の世界観が分かってきた今日この頃。
ふと思ったのですが、

封印の蒼⇔解放の紅

この部分。ちょっと考察してみました。
あくまでふと思ったことなので、確信はしてませんけどね。
この蒼と紅って、クロニクルで出てきた
紅石の首飾り
蒼石の首飾り
なのではないかと。
しかし紅石の方は、私は呪われし宝石=ミシェルだと思っているので、そんなミシェルが解放を司るものなのだろうかと思うと、やはり違うのでしょうか・・・

あともう一点考察しました。
通常版を買った人だけが分かることなのですが(限定版にはそのカットがないため)、歌詞カードの表に、表紙に偽装(?)して入っていたイラストの裏面に、炎の矢で貫かれたライラらしき人物が描かれています。
ライラはどうやらカミーユ(失礼、飛田さんなので・・・)率いる兵隊に矢を射られ、一度死んだかなにかして、シャイターンと契約して命を取り戻したふしがあるので、その射られたシーンなのか?と思ったまでは別にいいんです。
問題は、ローブを着た妙な格好だということと、何故一少女にしか見えないライラが、兵隊に狙われていたのかということです。
兵士は十字架を刻んでいる辺り、神に仕える聖騎士か何かでしょう。
カミーユが、
「ラミレス将軍に続けー!」と、
「撃てー!」
を言ってることからラミレスの部下だと分かるので、そこから考えると、魔女狩りか何かの犠牲者と見れます。
だからこそか、悪魔であるシャイターンと契約出来たのでしょう。
これは、三曲目の侵略するものされるもので、ライラの両親と思わしき人がやはり十字の関係者に殺されているので間違いないかと。

そして全体的に見ると、「兄」と「弟」が争っていらっしゃる様子。
この兄弟、実はイスハークとラミレスなのではないでしょうか?
そしてこの二人、どちらもライラの敵っぽい感がしてなりません。
もしかすると、ライラの両親は両派閥に一人ずつ殺されているのかも?
こうなると、ライラの見方は悪魔シャイターンのみ。
しかもプロモを見るとライラは封印されてしまっている?

・・・いろいろ考えてみたんですが、見ての通りさっぱり纏まっておりません。やはり次のアルバムが出てからが本番でしょうね。
今のところ、老預言者と流浪の三姉妹はロマンでいうイヴェールと双子の人形の様な傍観者にしかなりそうにありませんし、ヒントが少なすぎる・・・
取り敢えずもう少し聴いて、出来るだけ予習しておこうと思います。
何かしら、同意や反論等ございましたらいつでもおっしゃって下さい。

そしてそろそろ追加カテゴリの中身作らなきゃ・・・
さらに遅れに遅れている小説も・・・

新、好きなランキング
さて、最近変動した東方キャラの好きな順ランキング。アップしたいのでアップしようっと。

1、メルラン・プリズムリバー
2、四季映姫・ヤマザナドゥ
3、リリーホワイト
4、河城にとり
5、魂魄妖夢
6、藤原妹紅
7、チルノ
8、リリカ・プリズムリバー
8、秋静葉
10、パチュリー・ノーレッジ

以下略

38、十六夜咲夜
39、博麗霊夢
40、八雲紫

・・・と、40キャラ内でのランキングでした。
ドベ三人をわざわざ書いたのは只の嫌がらせです。
風神録のネタバレ堂々とするのは流石にマズかった気はしますが、前回のランキングでもにとり書いちゃったし・・・
やっぱりダメですかねえ・・・?
もし何か言われたら消して販売されてからもう一度書くことにしよう。
ちなみに紅魔郷、妖々夢、すい夢想(すいが出ない・・・)、永夜抄、花映塚、風神録のキャラのみでのランキングなので、阿求や三月精等も含めるとまたきっと変わるでしょう。
さて、紫ファンに殺される前に逃げるとしましょう。

みょんな事件
今日も今日とで集中講義。朝一で出かけたわけです。
ようやく終わって帰りの電車内、私がいつも乗る駅は降りる人が多いので、急行なら確実に座れます。
ゆっくり座っていつも通りにゲーム・・・しばしの憩いの時・・・

Zzz・・・

!!
寝ていた!ゲーム手にしっかり持ったままで!
過去に何回も居眠りで乗り過ごしをしてきた私、まさか今日も!?

次は~金山~

帰りがけに通る駅名が。
あ、何だ・・・まだまだ余裕じゃないか・・・

プシュー

ドアが閉まりまして、出発。
まあここから寝るとまずいので起きていましょうか。

ガタンゴトン

ガタンゴトン

次は~神宮前~

・・・え?

いつも帰りに通る駅は、神宮前→金山→名古屋の順のはず。
あれ?金山の次に何故神宮前が?

・・・まさか!

予感は的中。寝過ごしに寝過ごして、岐阜まで行ってから帰ってきちゃった!しかも降りる駅通り過ぎちゃった!

起こしてくださいよ、岐阜駅の駅員

これはまずい!寝すぎにも程があります!
慌てて神宮前で降り、反対方面の電車に乗る(その際、慌てすぎてこけた)。
あーもう!ただでさえアニメやら動画やらゲームまで処理が追いつかなくて溜まっているのに!
ここ数週間に渡っての睡眠不足が今来たと!?
でも昨日は珍しく多めに寝たはず(でも二時間)!

通常、二時間で帰れるはずが、本日は四時間かかりました。
史上最高記録達成・・・わーい・・・

今日は早く寝よう

そろそろ?いや、まだまだ
永夜抄、妹紅との果て無き戦いに終止符が打たれようとしている!
ついに・・・インペリはともかく妹紅撃破!
みょんもゆゆ様も頑張ってくれました・・・
ああ・・・これでようやく友人に自慢が・・・
妹紅、ごめんなさい。随分酷い姿に・・・
ボムは意外に使わなかったなあ・・・












・・・











あ、あれ?











妹紅との会話長くないですか?









・・・










・・・
















ヘッドホン外してたから気づかなかった。














フリーズしてました(音がバグっていた)

ちょっと待って!
あ、でもクリアは記録されているはず!
名前は入力してませんし、リプ保存もしてませんが「クリアした」という事実だけは!

・・・再起動

・・・まいこんぴーた

・・・むーびー

・・・東方

・・・げーむ

・・・えいやしょー

・・・うん、起動はする

・・・あ、でもどうやってクリアしたか調べれば?

・・・夜中三時に友人(クリア自慢しようとしていた)に電話

・・・友人、キレながらもスペカ戦のでパゼストや蓬莱人形を前は出来なかったんだからそれが出てればいいんじゃないのと教えてくれる。

・・・その手がありましたか。盲点盲点

・・・えーと、ステージEXっと

・・・

・・・

・・・フジヤマヴォルケーノまでしか選べず。

あ、記録されてないや。
あっはっはっはっはっはっはっははは・・・はあ

どうやらクリアは妹紅を守りきれなかった慧音がせめてものとばかりに無かった事にして下さったようです。
もう一度根性見せろと・・・

・・・こうして、エリス・ブライトVS藤原妹紅の果て無き戦いは本当に果て無く続くのであった・・・

終止符、打てませんでした・・・

第八回狂気のポケモン状況
しつこく続くこの企画。当初の火付け役は当の昔に逃げています。
でも、ま・・・書いてて楽しくなってきましたし、良しとしましょう。
今日も今日とでタナロスエリス。今回のは結構マトモだったりするかもしれません。

では早速一匹目、ファイス(ヒトカゲ)

サクリファイスの妹ちゃん。姉があれなのでってね。
名前に捻りが無いのは気にしない方向で♪

さて二匹目、ステラ(オクタン)

スターダスト子です。名前はスターダストだと入らないので勝手に変更。
最初はもっと可愛くしようとしたんですが、ピストルを前面に出したかったんです。
で、ピストル→鉄砲→テッポウオ!と閃いたんですが、致命的なことが発覚!そう、紅くない!
全身真っ赤なこのキチガイはやはり紅くないとダメでしょう。
そして考えあぐねた結果・・・
銃系→テッポウオをなんとなく進化させる→あ、紅い・・・→オクタン砲を覚えた!→これだ!
結構時間かけてるんですよ(無駄に)

さて、三匹目いきましょう。ここからロストです(順番滅茶苦茶)

サラバント(オドシシ)

さあて、厄介です。何故こうなったのか?何故オドシシなのかと。
理由は結構面倒なので、次の四匹目のところで詳しく書こうと思います。毎度毎度すみません・・・

其の四匹目、ランプ(デリバード)

黒髪の美しい少女です。ランプちゃん。声はあらまりさん(はるかさんに非ず)。
願いを叶えるということは、プレゼントが近い・・・デリバード行くか!と思い、あっさり決定。
そしてここからエリス脳内妄想研究所で会議が始まりました。

議長「さて、サラバントはどうするべきか。それを決めねばならんぞ。」

オドシシ派議員「私はオドシシが良いかと。デリバードのサンタにはオドシシのトナカイがぴったりですぞ!」

議長「うむ。」

ムウマージ派議員「いえ、ここはムウマージです。彼は魔法使いですよ?トナカイではねえ・・・」

議長「うむ。」

ノクタス派議員「ここは砂漠ですからノクタスでは・・・」

他みんな「却下!悪人面すぎ!」

ノクタス派議員、脱落。

ムウマージ派議員「大体、ムウマージなら地形を選びませんが、オドシシは砂漠じゃ生きられんでしょう。」

オドシシ派議員「何を!パートナーのランプはデリバードだ!今更関係ないだろう!・・・そうだ、魔法使いらしけりゃいいんですよね?魔法で砂漠に対応してるんですよ!そうすれば、デリバードとピッタリな分、こちらが有利ですなあ!」

ムウマージ派議員「ぬぬぬ・・・」

オドシシ派議員「それに!オドシシは角の振動で催眠術が出来るんですよ!立派な魔法使いだ!そして最後に、ムウマージはメスしかいなさそうに見える!」

ムウマージ派議員「ぐ・・・は・・・」

ムウマージ派議員、脱落。

こうして永き戦いの末、サラバントはオドシシになりましたとさ。

・・・こういうことを日々クソ真面目に考えております。

では五匹目・・・疲れた・・・キャメル(ドンメル)
んで六匹目・・・寝たい・・・キャメル(ドンメル)

・・・最後二匹になったじゃないですか!ちょうどいいかなーと・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

すみません。私が全て悪いんです。

ところで朴念仁Rさん、いきなり大量のコメント、ありがとうございます!
びっくりしましたよ!
一日でコメントが総入れ替えになってる!?と
これからも精進して参りますので、よろしくお願い致します・・・

ここ最近の変化
最近(私の脳内の)東方キャラのランキングがまた大幅に変わっている・・・
妹紅が最近すごいお気に入りです。閻魔様やめるぽの立場が危うい!?
ま、私個人の勝手なランキングですからね。変わったところで世の中には全く影響ないわけで。
さて、ところでカテゴリが増えています。
前に言っていたことの下ごしらえとして作ってみました。
中身は・・・まあ其の内に・・・
絵に挑戦してみたり、無謀なチャレンジ一気にしすぎですかねえ・・・
誰か絵描いてくれる神様の様なお方はいらっしゃらないものか・・・

ちょっと早めに
聖戦のイベリア購入(通常版、限定版合わせて二枚)!
我慢出来ずに弟に買ってきてもらいました。
また今回も過去の曲を臭わせる部分がたくさんありますねえ・・・
見えざる腕、焔、エルの絵本(ラフレンツェの方)、Ark、美しきもの、緋色の風車辺りはまず関係しているでしょう。
そして飛田さんの声で「ラミレス将軍に続けー!」
アルヴァレスじゃないですと!?これはびっくり。
歌詞カード見れば分かりますが、ラミレスさんは今回初登場の聖騎士さん。どう関わってくるかが楽しみです。
そして初登場の流浪の三姉妹。絶対誰かは過去の曲の中に紛れている気がしてなりません・・・
そうそう、予約特典のポスカ、三女二枚。
しまった・・・他の店で一枚は予約しておくべきでした・・・
どなたか他の複数持ってないですかねえ・・・
ロマンの時は各地で予約して集めたのに・・・
最後に、お気に入りは三曲目の「侵略する者される者」です。
開始直後のテンポが最高!

第七回狂気のポケモン状況
ところで今日の記事は大学で打ってます。集中講義の合間に(をい)
さて、気にせず第七回、いってみましょう!今回もタナロスエリス!

一匹目、ロレーヌ(アーボック)

本来ロマンの人ですが、エルの天秤の女性と同一人物なので、こちらに入れました。ちなみにアーボックな理由は・・・
ええと・・・
・・・
全く見当もつきません(!?)

二匹目、ソロル(サクラビス)と三匹目、フラーテル(ハンテール)

まあ、セットということで・・・一応みょんな理由もあります。
この子ら決めようとしていた時、弟が見ていた映画の中で、深海魚が何やら悪人の実験台になっておりまして、実験用カプセルみたいなのに入っていたんですよ。
で、
・・・実験台・・・兄弟と被る・・・深海魚・・・あ・・・この二匹セットだし、ちょうどいいのでは・・・決定!

さあ、流して四匹目、バロック(パルシェン)

真珠ですね、パールルにもしようと思っていたのですが、弱すぎる。
これでは人殺しは無理でしょう・・・パルシェンでいいや。
もちものは真珠です。これで問題なし

五匹目、イールド(ワタッコ)

最初は首を刈る→鎌→ストライク?と思ったんですが、また捻ってみちゃった悪い癖。
普段はおとなしくしてるし、収穫物系がいいのでは?と思い始め、さんざん悩んで決定!
今思うとストライクでよかったなあ・・・

さて、本日のシメ、サクリ(リザード)

サクリファイスのお姉さんです。
この地点で妹の予想が容易く出来てしまう気がしますが、気にしないでください。
炎は決定として、あまり怖くても微妙に思い、リザードに落ち着く。

・・・ふう、疲れた。それでは次回に続く!

夏ですね
夏も真っ盛りなこの暑さ・・・もう勘弁・・・
私は夏が大嫌いです。暑いし蝉はいるし・・・そう、蝉。
今日の朝大学へ行く途中に落ちてること落ちてること・・・実に10コ以上転がってるんですよ!死体!
怖いんですよ・・・いろいろありまして・・・

理由1、保育園時代に蝉を捕まえるのが下手っぴだった私。
    ある日、アパートの壁に張り付いているのを発見!
    初めて捕まえるのが素手でなんてカッコイイ!
    捕まえた。
    ・・・首が取れた
    蟻が出てきた・・・ぎゃー

理由2、その話を向かいに住んでいた年一つ上の幼馴染の女の子に話し    た。怖かったと。
    数日後、何かでケンカになった。勝った。
    翌日、アパート二階から大量の蝉の死体を浴びせられる。
    ・・・ぎゃー

理由3、途中パス。中学時代、自転車で遊びに出た帰り道。
    この地点で蝉かなり怖がっていた。
    前方より蝉が飛んできた!
    「う、うわっ!」
    ビビりながらも回避、あー、心臓に悪い・・・
    ジジジ!また!?
    ジジジ・・・へろへろと低空飛行・・・あああ!!!
    ジブグチャ!前輪に突っ込んできた。
    泣き声と破片と体液のコンチェルトグロッソ。
    ・・・うわあああああ

・・・とまあ、その他死んでるかと思っていたらいきなり動き出したり、いつの間にか背中にとまっており、汗ぬぐおうとしたら飛び出してきたりと、ほぼ嫌がらせの如く毎年トラウマを植え付けられたということです。

ね?

こんなんされたら誰だって怖くなりますって!絶対私、呪われていますよね!?
・・・なので夏は嫌いで嫌いで嫌いで仕方がありません。
Copyright © エリスの心中世界. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。