自由な世界です。自由に来て自由に見て自由に喋って下さい。基本、管理人も自由です。唯一、18禁だけはダメですよ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉旅行記第三章~伏姫との邂逅、惨劇の幕開け~
さて、前回良い気分で終わった千葉旅行記。
いよいよ今回から初日のメインイベント、富山登り編で御座います。
富山は南総里見八犬伝縁の地。
神話大好きエリスが何としても行きたい場所ですよ!
まあ、ね…

後から知った事ですけどね

以前に盟友こなちさんが御世界「パレードと猫」にて紹介なさっていた山ですよ。
そして其れを見たエリスが「よし、登ってみよう。」と思い、名前と場所を訊いた訳です。
其の話をしている最中に、八犬伝縁の地と知り、より強く行こうと思ったのです。
いやはや…

適当ですねえ

兎も角、空腹を満たしたエリス一行は再び電車に乗り、富山近くの駅で下車。
駅から富山へ行くルートを大まかに携帯で調べて、チェックポイントしか分かっていなかったのでかなり不安でしたが、降りてみれば案内板が!
世の中は親切ですねえ…
周りをさらに見ると、バスも在る模様。
しかし、どの方面に乗れば良いのか今一分からなかった上、歩いて数十分みたいなのでパス。
世の中の親切を生かせていないですねえ…

そして豊かな自然を堪能しつつ、歩く事20分くらい?
第一ポイントの中学校に到着。
第二ポイントの伏姫籠穴を示す看板も在り、驚くくらい順調に進撃。
此処でちょっと写真。

桜の木


春ですねえ…

渓谷って程はないか


分かり難いですが、谷です。
落ちたら即、アウトでしょう…

…と、若干危険な箇所も在りましたが、道は平坦で未だ未だ余裕。
そうこうしている内にあっという間に第二ポイントの伏姫籠穴に到着!
南総里見八犬伝で、里見家の姫、伏が愛犬八房と共に籠ったと云う穴が先に在るとの事。
八犬士に祈りで意識を伝えた舞台等も在るらしいので、何としても行かねば!

伏姫籠穴

↑門

伏姫籠穴への階段

↑奥へと続く階段の一部

伏姫籠穴舞台

↑儀式の舞台と写っちゃったでー

伏姫籠穴

↑伏姫が籠った穴

伏姫と八房

↑伏姫と八房

一気にアップしました。
因みにエリスは阿呆なので、門から舞台までの間…長く続いていた階段を

「伏姫ちゃーん!!!」

と叫びながら猛ダッシュで駆け上がりました。
上に着く頃には、富山は此れからだと言うのに既にダウン状態。
完全にダメ人間ですね、ハイ。
そして軽く伏姫ちゃんと御茶をして、ようやく富山を登る入り口に到着!
此の地点で、此処まで終始マイペースを守った書痴はHP490/500。
若干エリスの暴走に付き合ってしまったでーはHP400/500。
暴走した阿呆エリスはHP50/300。
…と言った所でしょうか?
こんなで山を登ろうと言うのですから、改めまして私は阿呆ですね!
さて、今日は此処まで…
次回、死に掛けエリスは何を思い、何をしたのか!?
大袈裟に言う程の事も無かったりしますが、お楽しみに!(出来るか!?)
ではでは~

しっかし…此の記事書くの五回目なのが本当に腹立ちます…
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

猫とパレードじゃなくて、パレードと猫だと思うよ?(*'-')
でー | URL | 2008/03/16/Sun 09:34[EDIT]
猫とパレード(パレード※①祝賀や祭りの華やかな行列・行進②閲兵式)

きっと血肉沸き踊る一時だろうね
(血肉が沸いたら死ぬぞ・・・)
書痴 | URL | 2008/03/16/Sun 20:42[EDIT]
もうやめて!エリスのHPはずっと0よ!
さだや | URL | 2008/03/17/Mon 11:56[EDIT]
でー殿:けーね召喚!過ちの歴史は無かった事にしてやった!

書痴殿:猫ちゃんの凶暴さは中々ですぞ

さだやさん:初めまして。そうですねえ…此れからはマイナスに行くだけですね!
エリス・ブライト | URL | 2008/03/17/Mon 17:11[EDIT]
エリスはずっと0点よ!に見えた、ごめん('ハ'*)

明日、飛騨行くので、お土産うpしますね。またどこかに・・・
くすねた青春18きっぷ使いますので、報告しますたv
でー | URL | 2008/03/17/Mon 17:53[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © エリスの心中世界. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。